■ゲスト:グーグル合同会社    
コンシューマーマーケットインサイトチーム リサーチマネージャー 朴 ヨンテ 様
株式会社ヴァリューズ
ソリューション局 データアナライズG マネジャー 竹久 真也様
■開催日時:2022年6月29日水曜日
■ テーマ:  継続購入の深層心理を解明するために必要な、新概念「肯定度」とは

【セミナー1】
■タイトル:『なぜ私たちは繰り返し購入するのか?:継続購入の深層心理』
~「肯定度」という新しい概念について解説~

■事例紹介者:グーグル合同会社
コンシューマーマーケットインサイトチーム リサーチマネージャー 朴 ヨンテ 様

■講演内容:「なぜ私たちは繰り返し購入するのか?」。Google マーケットインサイトチームが実施した調査によって、リピート購入のメカニズムが明らかになりました。本調査によると、商品選択に対する自信の強度を意味する「肯定度」が、商品と生活者との長期的な関係性を理解するための手がかりとなることが判明。肯定度が高い買い物では、購入後の商品・サービスの利用体験を向上させることがわかりました。肯定度がLTV最大化に寄与すること、肯定度を高める情報探索などについて解説いたします。

■朴 ヨンテ 様プロフィール:東京大学大学院学際情報学府修士課程修了後、ロンドンに本社を多くマーケティング・コンサルティング会社に入社、アソシエイトディレクターとして数々のグローバル企業の日本市場におけるマーケティング施策、ブランド戦略の立案のための調査分析コンサルティング業務に従事。2019年にグーグル合同会社に入社。生活者インサイトに関するリサーチを担当しながら、主に人々のオンライン上の情報探索行動と買物行動に関するリサーチに取り組む。2021年5月から習慣的継続購入を分析するプロジェクトをリード。


【セミナー2】
■タイトル:消費者WEB行動ログの観察から得られた、次回購入につながる購買のポイント

■事例紹介者:株式会社ヴァリューズ
ソリューション局 データアナライズG マネジャー 竹久 真也様

■講演内容:ある商品を購入に至るまでの消費者行動を、WEB行動ログと意識調査を掛け合わせたヴァリューズの独自手法で検証しました。すると次回購入意欲の高いような購入パターンと、次回購入につながらないようなパターンで、事前の情報収集に特徴的な違いが見えてきました。本講演では、Googleとの共同調査結果の一部や、過去の弊社の調査結果を交えつつ、「購入前の情報収集の違い」について実際のユーザーの事例を交えてご紹介いたします。

■竹久 真也 様プロフィール:東京大学を卒業後、2014年にヴァリューズに入社。日用品メーカー、求人メディア、マンションデベロッパー、自動車メディアをはじめ、多様な業界についてのマーケティングリサーチを経験。課題の発見、調査案の策定、分析の実施から施策の改善提案まで幅広いコンサルティング業務を担いつつ、社内の技術向上の取り組みにも携わる。

    ダウンロードフォームに必須項目を記載後、送信ボタンを押すと、資料ダウンロード用のURLをメールでご案内いたします。なお、フリーアドレスでお申し込みされる際は、受信制限などの設定を事前にご確認ください。ダウンロードの案内メールが届かない原因となります。

    会社名*必須
    お名前*必須
    メールアドレス*必須
    部署名*必須
    役職
    お電話番号*必須
    会社URL*必須
    アンケート リテンションマーケティング活動における貴社の状況・立場をお聞かせください。
    現在取り組んでいる最中必要性を感じており、これから取り組みを検討中まだ情報収集の段階リテンションマーケティングを支援する立場
    プライバシーポリシー*必須

    【ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて】
    ●無料見学会の参加申込みに際して、以下の事項に同意されたものと見なします。
    ●ご入力頂いた個人情報は、「日本リテンション・マーケティング協会」へ収集されます。
    ●「日本リテンション・マーケティング協会」からのメールマガジン、電話、送付物による情報提供サービスを受け取ります。
    ●提供された個人情報は、「日本リテンション・マーケティング協会」のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。
    お問合せ・資料請求には上記「個人情報のお取り扱いについて」への同意が必要です。内容をご確認の上、ご同意いただける場合「プライバシーポリシーに同意します」にチェックをして、「送信」ボタンをクリックしてください。